在宅医療(訪問診療/往診)・緩和ケア
総合内科、心療内科専門医として
体と心の両面にあたたかく寄り添う医療を心がけています。

診療内容 

訪問診療 

『訪問診療』とは、患者様のご自宅や療養されている施設へ、医師が定期的に訪問し、診察・検査・治療・薬の処方・療養上の相談など行うことです。
月2回ほどの定期訪問に加え、緊急時には必要に応じて臨時往診やケアマネジャー・訪問看護など関係機関へ連絡、入院の手配などを迅速に行います。
 

緊急時の往診 

緊急時には24時間・年中無休の体制で医師や看護師が対応します。
必要に応じて自宅や施設に伺い、診察・治療・ケアを行います。
また、地域のケアマネジャーや訪問看護ステーション等と連携し、日常的なご相談から緊急時の対応まで、チームで連携しながら患者様の安心な在宅生活を支えます。
 

訪問看護 

看護師が自宅に訪問し、看護・ケアを行い、在宅療養を支援いたします。
体調や服薬管理、食事や排泄など、在宅療養の状況を把握し、アドバイスも積極的に行います。
緊急時にもスムーズに対応できるよう、普段からケアマネジャーなどの関係機関と積極的に情報共有し、橋渡しする役割も担っています。
 

在宅療養の相談 

在宅療養を支える制度は、介護保険だけでなく様々なものがあります。
しかし種類も多いため、どのような時にどこに相談し、どのような支援を受けられるか分かりにくいこともあります。
当クリニックでは随時相談に対応し、上手に制度を利用しながら、ご本人・ご家族が希望される生活が送れるよう支援いたします。
 

在宅緩和ケア

病気を治す『治療』だけでなく、病に伴う体と心のつらさを和らげ、その人らしく最期まで生活することを支える『緩和ケア』も行っています。
またご本人だけでなくご家族にも寄り添いながら、より良い時間を過ごせるようケアを行っていきます。
 

地域との連携

在宅医療は、ケアマネジャーや訪問看護、地域の民生委員など、様々な方が関わります。
それらの関係機関とチームとなって連携し、在宅生活を支えます。
病院の地域連携室とも積極的に情報交換し、入院中でも退院後の生活を視野に入れながら連携し、退院後の受け入れ態勢を整えます。
 

対応疾患

● がんの在宅緩和ケア
● 心不全・心筋梗塞後などの心疾患
● 脳梗塞後・脳出血後などの脳血管疾患
● 喘息・COPDなどの呼吸器疾患
● 認知症・パーキンソン病などの神経疾患・精神疾患
● 整形外科疾患
● 褥瘡・皮膚科疾患
● 内科・消化器疾患全般
 

対応可能な処置

● 胃婁・経管栄養・尿道カテーテル等の管理
● 中心静脈栄養(IVH)・中心静脈(CV)管理
● 在宅酸素療法
● 各種検査・各種予防接種など

※ 他にも対応可能な処置がありますので、遠慮なくお申し付けください。
※ ケア困難と思われる患者さまも、ご相談ください。

訪問対象となる方

● ご自宅や施設での医療を望まれる方
● 定期的な通院が難しくなってきた方
● 急な体調悪化時も自宅や施設で診てもらいたい方
● 現在の生活や介護に不安がある方
● 様々な医療機器(点滴・尿道カテーテル等)があり、ご自宅での管理が不安な方
● 認知症に対するケアや医学的アドバイスを必要とされる方
● 病院から退院した後のケアが必要な方
● ご自宅や施設でのホスピスケア(緩和ケア)を希望される方

診療の流れ 

料金 

ご自宅で診療されている場合

(1割負担/月2回訪問診療・処方箋の発行を受けた場合)

1か月あたり 約6,400円

施設で診療されている場合

(1割負担/月2回訪問診療・処方箋の発行を受けた場合)
※施設の種類(区分)・診療方法(集団または個別診療)等により異なります。

1か月あたり 約2,500円~6,400円

負担上限額の基準について

医療保険の自己負担(医療費)には負担上限額が設定されており、上限額は以下のようになっております。
◆ 処置や検査、往診などを行った場合は別途費用がかかる場合がありますが、月額上限を超えることはありません。
◆訪問にかかる交通費はいただきません。

訪問エリア 

以下の地域が訪問エリアです。
・杉並区  ・練馬区  ・中野区
・世田谷区 ・武蔵野市
・三鷹市  ・西東京市

詳しくはお問い合わせください。

クリニック概要 

さくらの葉ホームクリニック

住所

〒167-0035
東京都杉並区今川2-5-7 サニーヒルズ荻窪503

 

交通アクセス

JR荻窪駅北口からバスで総合荻窪病院前へ
(乗車時間7分)→ 下車後、徒歩30秒

 
または、JR西荻窪駅北口から徒歩22分
 

新規お問い合わせ受付時間

月~金曜日の9時~17時。
※緊急時など診療は24時間対応